アイルランドに関してよくある質問まとめ(2018年9月更新)

こんにちは!

ご無沙汰しております、SHIMPEIです。

今日はこのブログを通して、よくいただく質問をまとめてみました。

 

気候・服装など生活全般

アイルランドは寒い?

「アイルランドは雨も多く風も強く寒い」という意見がありますが、年間通しての気温、降水量を見てみると日本に比べてさほど寒いわけじゃないことがわかります。(参考:『アイルランドの天気&服装ナビ』地球の歩き方)
ただやっぱり日本に比べると変則的な気候で、雨風が強いのも事実。「肌寒さ」は感じるかもしれません。軽量のダウンをコートの中に着こむと暖かさが全然違います。
 

 

服装は?

『アイルランドの天気&服装ナビ』にもありますが、服装は夏場でも半袖&半ズボンはオススメしません。僕は夏場でも突然の雨・風の寒さに備え、いつもカバンの中にカーディガンを忍ばせています。雨を凌ぐためにフードがついた羽織ものもオススメです。(参考:実際に住んでみて分かったアイルランド留学で使える衣類・使えない衣類
また靴に関してですが、凸凹道もあるのでサンダルやパンプス、踵の高い靴は普段使いにはおすすめしません。今年30歳にしてDr.Martensデビューをしたのですが、革が馴染むと歩きやすく、底も厚いため重宝してます。
 

街並みはどんな感じ?

ダブリンの街並みは賛否ありますね。笑 古い建築も多くヨーロッパっぽい景観もありますが、アイルランド人は古い建物や由緒ある建築にさほどこだわりがなく割とすぐ建て替えるそうです。代わりにIT企業の集まるエリアには最近建てられたモダンな建物も多く、街並みも新しく、トレンディ。アメリカ西海岸の雰囲気を味わえる…かもしれません。
 
アイルランド, ダブリン, 街並み

「シリコンドック」と呼ばれるエリア付近。

 

住みやすい?

これもよく聞かれるのですが、「住みやすいですよ!」とすんなり答えられないのは事実です。日本人の多いカナダやオーストラリア、イギリスと比較すると邦人コミュニティが小さくどうしても英語が必要になる場面が多くなります。英語学習環境には適していますが、単純に「日本人の住みやすさ」でいうと難易度は高め。
日本人に限らなければダブリンの街自体は「住みやすい」という人も多く、その理由としては「コンパクトな街のサイズ」「ヨーロッパ諸国へのアクセスが◎」「治安が良い」「ダブリンに住む人はフレンドリー」といった意見が多いですね。

 

どこの国の人が多い?

ヨーロッパの非英語国(ほとんどそうですが)では英語習得のニーズの高まっているらしく、EU圏の留学生を多く見かけます。南米からの学生(主にブラジル人)もここ数年で増加したそうです。アジアでいうと、韓国からの留学生が多めですが、最近は台湾・ベトナムあたりからの留学生も見かけます。

 

治安関連

ダブリンの治安はどう?

これが一番多い質問。はっきり言ってしまえば、日本のほうが安全です。もちろん。
ただ、ヨーロッパや南米出身の方たちが言うには、ダブリンは「超安全」な街だそうです。日本人でも気をつけるべきことを気をつければ(特にスリ)、自分の身は十分に守れます。
 
参考:
ダブリンの治安について〜注意すべき5つのこと〜
 

夜のひとり歩き&パブ巡りは大丈夫?

これもよく聞かれます。夜遅すぎるひとり歩きは避けること、常にスリに注意すること、この2つを守れば大丈夫じゃないでしょうか。
 
アイルランド, ダブリン, パブ, テンプルバー

夜のテンプルバー。楽しそうですが、スリに注意。

 

フラットシェアって安全?

フラットシェア、私は4回の引越歴を持ちますが、「ここのシェアメイト…危険!」と思って引っ越したことは一度もありません。むしろみんなルールも守り、比較的安心安全の生活を送ることが出来ました。基本的に部屋さがしはDaft.ieを使って行いますが、引っ越しする前に絶対にシェアメイトに会って話すことをオススメします。部屋の鍵の有無なんかも必ず確認。
 
参考:
アイルランド・ダブリン部屋さがし事情
 

ダブリンで住むのにオススメのエリアはどこ?

リフィーリバー南側は比較的綺麗で治安の良い場所が多いと言われています。その中でも特にオススメなのは、ダブリン6、6w、4、8、12、14あたりでしょうか。もちろん、その中でも雰囲気の良くないエリアはありますので、住む前に実際に見て回って確認してみてください。
 
ダブリン, アイルランド, 旅行

ダブリン6wの公園。のどかです。

 

物価関連

1ヶ月の生活費は?

生活費関連もよく聞かれるので、ざっくりですが1ヶ月の出費を書いてみました。
 
携帯・・€20(Three契約)
食費・・€210(昼外食、朝・夜は自炊)
レント(家賃)・・€600(シングルルーム、光熱費込み)
交通費・・€50(雨が降った時だけバスで通勤)
交際費・・€50〜100(結構飲みます)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
=€980〜€1030

 
ちなみに外食に関して言えば、友達とちょっとランチといった程度であれば、
€5〜からお腹いっぱいになれるカフェ・レストランはありますよ。
 
レントも削ろうと思えば削れます。今はシングルルームに住んでいますが、以前のダブリン7のシェアルームでは光熱費込みで€300ほどでした。
 
アイルランド, カフェ, ダブリン

こうゆうサンドが大体5~6ユーロくらい。

 

アイルランドは高い?安い?

先ほどの質問とかぶりますが、体感でいうと最初は高く感じました。特にレントと食費。ただそれでも、お隣イギリスに比べれば確実に安くつきます。また、こっちの生活に慣れてくれば安いグロセリーショップなんかも発見できるでしょうし、何らかの節約術は見つかるはず。

 

その他:仕事探し・語学学校関連

仕事は見つかる?

「仕事がない!」と言われるアイルランドですが、英語力とやる気次第で何とかなるんじゃないかと思っています。もちろん、時期やタイミングによっては難しい時もありますが、アプライしまくれば必ずチャンスは訪れます。あとは、コネクションや情報収集は超重要です。ほんとに。
 
参考:
アイルランド(ダブリン)での仕事探し(オフィスワーク編)
ダブリンで仕事をゲットする方法(カフェ/レストラン編)
 

アイルランドの語学学校はどう?通うべき?

語学学校必要ですか?という質問も時々いただきますが、英語力がまだまだなうちは通われたほうが良いでしょう。語学向上だけではなく、学校の友達やスタッフから、仕事・生活全般に関する情報収集にも役立ちます。また、アクティビティなどで安くアイルランド・ダブリン内の観光もできるので、総合的にオススメです。ただ、学校選びは慎重に…!
「アイルランドは日本人が少ない国」というイメージから、しっかり英語を学びたいという留学生が多い印象です。したがって、全体的には語学学校の英語レベルは高めかもしれません。

参考:
その学校大丈夫?アイルランド語学学校選びの注意点
英語力向上だけじゃない!語学学校に通う4つのメリット

 

ざっくりですが、よく受ける質問をあげてみました。

よろしくどうぞ!
 

Photo:Helga Weber
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA