勢いで退職した僕が、辞める前に「やっておいて良かった」と思う3つのこと

どうも、僕です。

先日『勢いで退職した僕が、辞める前に「やっておけば・・」と後悔した3つのこと』という記事を書きました。
なかなか反響があったので、本日は逆パターン、仕事をやめる前にやっといてよかった!と思う3つのことを紹介します。
 


 

1.玄米菜食

え?玄米菜食?と思われるかもしれませんが、節約に繋がると断言できます。

具体的なメニュー構成は、【玄米+味噌汁+納豆+◯◯】という感じ。

要するに玄米&味噌汁&納豆に加え、もう一品付け足したものを食べていました。

これでなぜ節約できるかというと、少ない食材で効率よく栄養を取れるからなんです。
御存知の通り、玄米は健康に良いと言われています。栄養価などは調べれば出てくるかと思いますが、実際に玄米菜食で具体的に以下のような効果が現れました。
 

  • お通じがよくなった
  • 吹き出物が減った
  • 痩せた(余分な脂肪がなくなった)

 

といったところでしょうか。「健康にいいよ」と言われる食品は様々ありますが、実際に食べて「あ、これはいい」と感じたのは、玄米が初めてです。その効果にものすごく感動しました。

もちろんこの節約術だけで、大金の貯金ができたわけではないです。
それでも辞めてから4ヶ月間動けるお金(ニューヨーク旅行も含む)はなんとか作り出せました。

 

2.退職後のイメージを固める

さすがに、勢いで辞めたといっても、何も考えずに辞めたわけではありません。
やめてから自分がどんな姿で働いているだろうか、どんな仲間が出来て、どんな人生を歩んでいるだろうか、といったことを一生懸命想像していました。そういった未来を描く上で重要なのは、「できるだけテンションの上がるイメージ」を持つということ。ポジティブで楽しそうなイメージを頭に描いていると、思いがけない困難にも立ち向かえる原動力となります。また、シュミレーションを繰り返すことでプランも立てやすくなり、より動きやすくなります。

そして、思い描いたことをひたすら書き留めることも大事です。いざ、仕事を辞めたら、自分の決断を後悔しそうなくらいに悲観的になることも、正直あります。そんなときにメモを見返せば『なぜやめたのか』という初期衝動を思い出し、自らを奮起出来ます。

 

3. 図書館の活用

あと、以外とみなさん使っていなくてびっくりしたのが、図書館です
本が読めるのはもちろんですが、DVDも借りれます。全部無料です。

節約のために良いということに加え、オフラインの有意義な情報が集まる場所でもあります。
習い事や、セミナー・講演会もあり、意外な学びが得られることも多々ありました。

私自身、図書館で開かれたアラスカ探検家の日本人(お名前を忘れてしまいました…)の講演会にすごく感化されました。講演者のアラスカでの生活の話は、退職してからのサバイバルを生き抜く上で今でも勇気づけられます。

 

4.まとめ

勢いで退職し、準備も何もしていなかったのに、本当にこの3つはやっておいてよかったなーと、思います。

退職の準備はすればするだけ、後々楽になります。今日紹介したことに限らず、思いつく限りの退職準備を前もってやっておきましょう。

とりあえずこの3つの退職前準備だけでも生きている僕がここにいますよ〜という報告的記事でした。

参考になれば幸いです。

 

Photo: 182083372 , Thinkstock

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です