2020年のアイルランド外国人登録・IRP(旧GNIB)取得情報まとめ

2020年5月現在、外国人登録(IRP※旧GNIB)を実施するINISオフィスはCovid-19の影響でクローズしています。2020年3月20日〜7月20日までの間にビザが切れてしまう場合は、2ヶ月の自動延長となります。詳しくは→http://www.inis.gov.ie/

どうもSHIMPEI(Shimpei_33)です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日はアイルランド学生(語学留学生)、ワーキングホリデービザでのアイルランド渡航を考えている人向けに、こちらでの外国人登録、IRP取得情報(2020年3月26日現在)をまとめました。IRP(旧GNIB)のサイトより、ご自身でも確認するようにしてくださいね。


外国人登録・IRP取得までの流れ取得

下記、簡単な取得までの流れです。

  1. 入国(アイルランドで通う予定の語学学校レターを提示)
  2. IRP(GNIB)登録の予約
  3. 予約日にINISオフィスにて手続き実施(それまでに必要書類準備)
  4. 外国人登録証が郵送される(1週間〜1ヶ月程度)

言うまでもなく、ワーキングホリデーでの渡航を考えている方はビザ申請&取得(WHビザの場合)が必要となり、学生ビザでの渡航を考えている人は先に学校を決定しておくことと、英文€3000以上の証明ができる本人名義の残高証明書(できればユーロ建て)を持ってくること、がオススメです。

オンライン予約のタイミングに関して

外国人登録のオンライン予約ですが、入国後できるだけ早くに行うことをオススメしています。
学生ビザの場合「観光スタンプ有効期間内、つまり3ヶ月以内にIRP(GNIB)で外国人登録をする」という原則がありますが、なぜか常に予約がいっぱいで、やっと取れた日が1ヶ月後、2ヶ月後となってしまう可能性があります。IRP(GNIB)に行きたい日の1週間前に予約しはじめるとかは、絶対アカンやつです。
予約はこちらから行ってください。→ IRP(GNIB)登録を予約する

※オンラインで取れなさすぎる!という報告多数。毎日チェックするのがめんどくさいのでアプリの使用をおすすめします。

IRP取得に必要なもの

以前に書いた「ワーホリと学生ビザで違う!GNIB必要書類まとめ」にも記載している情報と基本的には同じです。

学生ビザ

  • パスポート
  • アイルランド現地学校の入学許可証
  • 住所確認ができるもの
  • 銀行口座開設→国際送金→残高証明(3000€以上)
    (※日本からの残高証明書が2部があれば開設なしでOK)
  • 保険加入証明(滞在期間をカバーしている必要あり)
  • 申請料 300€(カード払い)

ワーキングホリデービザ

  • パスポート
  • ワーキングホリデーの許可証
  • 住所確認ができるもの
  • 申請料 300€(カード払い)

以上が必要なものとなりますが、しつこいですがIRP(GNIB)のWebサイトにてご自身でも確認してくださいね。→ IRP(GNIB)のサイト

学生ビザの方の銀行口座開設に関して

語学学校によっては学生ビザを取得する予定の生徒でも口座開設ができない学校が出てきているそうです。事前に語学学校にてチェックしましょう。

というわけで色々と変更点をまとめてみました。

なんか色々とやること多くて大変そう…と思うかもしれませんが、ちゃんと順を追って準備すれば、大丈夫です!

無事にIRP(GNIB)カードをゲットできます。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. Yuka より:

    こんにちは。初めまして来月からworking holidayでアイルランドに行くゆかといいます★ほかの方同様?「アイルランド ワーホリ」とかで検索してSHIMPEIさんのブログにたどり着きました。コーヒーやカフェ文化を知りたいこともあり記事、参考にさせてもらいます!アイルランド情報が本当に他国より少なくお聞きしたいことたくさんなのですが。。。笑
    この記事にワーホリビザは銀行口座開設ができなくなったとあったのですが、そうなのですか><? 資金のこともあり、もしご存じでしたら教えていただきたいのですが。。。長々とすみません。またよかったらおねがいします★ゆか

    • Shimpei より:

      Yukaさん

      お返事が遅くなって申し訳ないです!
      コメントありがとうございます!

      さて、ワーホリビザでの口座開設ですが、不可能ではないですよ!もし語学学校に通われるのであれば、学校によって口座開設の基準が微妙に違ったりするので、学校スタッフに確認してみるのが良いと思います。また、どちらにしてもこちらでお仕事を見つけてPPSナンバーを取得すれば、銀行口座開設も可能ですよー!

      良いワーキングホリデーを過ごされることをお祈りしております♪

      SHIMPEI

  2. ミワ より:

    こんにちは!現在ワーキングホリデーでダブリンに滞在しているミワと言います。
    ワーキングホリデーが終了してもまだダブリンに滞在したい事と、英語をまだ学びたい為、学生ビザの変更を考えています。
    記事を読みました。学生ビザ申請時に帰りの航空券の購入が必要かどうか知りたいです。よろしくお願いします。

    • Shimpei より:

      ミワさま

      コメントありがとうございます!そしてお返事が大変遅くなりごめんなさい…。

      学生ビザ更新の際ですが、航空券がなく申請が却下されたケースはこれまでございませんので、
      大丈夫なはずです!ただもちろん、学校に通うという証明(スチューデントレター)WHビザからの切り替えであれば、
      3000EURO相当の銀行残高証明などは必要となります。

      Shimpei

Shimpei にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください