アイルランドの語学学校へ留学にきたら、「Student Leap Card」を取得しよう!

こんにちは!

本日のダブリンは快晴。ダン・レアリーあたりまで、ダブリンバスとダート(郊外列車)を使ってショートトリップに行こうかと考えております。

ダブリンバスの公共交通機関に乗る際に、Student Leap Card(スチューデント・リープ・カード)があると割引が効いて便利です。

今回はアイルランドに留学するなら必ず手に入れるべきStudent Leap Cardをご紹介します。


公共交通機関の電子マネーとして

Student Leap Cardは公共交通機関の電子マネーとしても使えます。もちろん、入金は必要ですがセントラスパといったコンビニ(的なショップ)で入金ができます。最近はアプリでもトップアップ(入金)できますよね。Androidのみですが。
Student Leap Cardを利用でルアス(路面電車)、ダブリンバス、Dart(郊外列車)の乗車料金も、通常より安くなります。

各種お店でディスカウントが効く

また、カフェやレストランなど、あらゆるお店で学割が適用されます。ダブリンでよく見かける薬局「BOOTS」(マツキヨ的な)でも使えるので、日用品購入の際にも役立ちます。加えて、各種有名アパレル店でもディスカウントが適用されるので、とりあえず提示してみると良いかもしれません。「学生割引ある?」と確認してみましょう。

割引されるお店の詳細が公式に載っています。→Dublin Bus-Student Leap Card

観光施設・博物館でも使える

ダブリンキャッスル、ギネス・ストアハウスなどの観光名所でも割引が効きます。
また、基本はアイルランド国内で有効な学割ですが、国外でも使えることもあります。私自身、Student Leap Cardを持っていた頃、ロンドンの大英博物館で担当者の方が「今回だけだよ」といって学割で入場させてくれたこともありましたので、持参していると役立つこともありますよ。

どこで取得できるの?

発給してくれる申し込みセンターの場所はHPで確認できます。→https://studenttravelcard.squarespace.com/agents
私の場合はシティにあるトリニティ・カレッジの事務局で入手しました。持参したものは、パスポートと、語学学校からのレター(学生証明証)と手数料の15€(2014年8月)です。めっちゃ簡単。

以上、Student Leap Cardのついての簡単なご紹介でした。1年間有効で、3ヶ月以上語学学校に通う学生ならばみんな取得できるので、該当する方は持っておくと何かと便利です。3ヶ月も通わないのに取得できてしまったパターンもよくあるので、とりあえず少しでも学校に通うならば行ってみてもいいかもしれませんね。

Photo: Canadian Pacific, Flickr  

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください