アイルランドの語学学校へ留学にきたら、「学生カード」を取得しよう!

ダブリン, アイルランド, 留学, バス

Photo: Canadian Pacific, Flickr

こんにちは!

本日のダブリンは快晴、気持ちがいいのダブリンバスで近場までショートトリップに行こうかと考えております。

ダブリンバスに乗る際、学生カード(Student Leap Card)があると便利で安いんです。その他バス以外にも、アイルランドの学生カードには優遇措置が色々あります。

というわけで本日は、アイルランドに留学するなら必ず手に入れるべき学生カード(Student Leap Card)についてご紹介します。

 

公共交通機関の電子マネーとして

学生カードは公共交通期間の電子マネー(Suica的な)としても使えます。もちろん、入金は必要ですがダブリン中にあるセントラスパなど、あらゆるお店で行えます。
トップアップ(積み増し)した学生カードでルアス(路面電車)、ダブリンバス、Dart(電車)に乗車でき、ディスカウントもあります。詳しくはこちら→Dublin Bus-Student Leap Card

 

各種お店でディスカウントが効く

また、マクドナルドやコスタコーヒーといったファーストフード店から、ブラジリアンレストラン、タイレストランなどのエスニック料理屋まで、あらゆるお店で学割が適用されます。ダブリンでよく見かける薬局「BOOTS」(マツキヨ的な)でも使えるので、日用品購入の際にもオススメです。
加えて、TimberlandやTommy Hilfiger、Urban Outfittersといった有名アパレル店でも10%ディスカウントが適用されます。

とりあえず、カードを手にいれたら、「学生割引ある?」って聞きまくってみましょう。

 

観光施設・博物館でも使える

ダブリンキャッスル、ギネス・ストアハウスといった観光名所でも割引が効きます。
また、アイルランド国内だけではなく、イギリス、ドイツやフランスなどのEU諸国のミュージアムでも使用可能ですので、ヨーロッパ旅行の際にも必携。
場所によっては無料になる場所もあるそうな。

 

どこで取得できるの?

取得方法は2つあります。

1.郵送で学生カードを取得する

Student Leap Cardのウェブサイトから郵送の申し込みが可能です。

2.教育機関で取得する

各種公共機関でも取得できます。発給してくれる機関はコチラで確認しましょう。
私の場合はトリニティカレッジというアイルランド最古の大学の事務局で入手しました。持参したものは、パスポートと、語学学校からのレター(学生証明証)と手数料の15€(2014年8月)です。

 

というわけで、今日も学生カードを片手にバスに乗ります。そして、学生カードで割引されたビックマックセットを買って、帰りは学生カードを使って路面電車で帰宅します。

 

Photo: Canadian Pacific, Flickr
 
アイルランド/ダブリン/留学/ワーホリ/ワーキングホリデー/海外移住

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です