アイルランドに来て意外だったこと10選

こんにちは。
本日はほうじ茶が飲めるティーカフェでこの記事を書いています。アイルランドで日本のお茶が飲めるとは予想しておらず、嬉しい誤算です。
というわけで今回は、アイルランドに来て、「これは意外!」と思ったことを紹介してみます。

 

アイルランドに来て意外だったこと10選

1. 日本食材が手に入る

アジア食材屋さんにいけば、日本のお米、インスタント麺、ふりかけ、味噌、納豆、めんつゆ、焼きそば・・といった食材が手に入ります。日本米意外のお米やネギはどこのスーパーにもあります。
 

2. いろんな国の食べ物がある

思ってた以上に食材が多国籍でした。イタリア・スペイン・トルコといったヨーロッパから、タイや韓国、南米、アラビア系の食材屋・レストランまで様々あります。
 

3. ブラジル人が多い

ブラジル人が多いことにもびっくりです。語学学校に通えば、「必ず」ブラジル人の知り合いができるでしょう。絶対います。ブラジル人には日本移民も多く、共通言語が多かったことも意外でした。気質はイメージどおり、ハッピーでイージーゴーイング、そしてフレンドリー。ダンス大好き。(※もちろん例外もいます)
 

4. 水が飲める

ダブリンの水道水は飲めます。嫌な臭いもとくになし!ただ、硬水が合うかどうかは人それぞれですし、水道水が合わない場合はミネラルウォーターをおすすめします。
 

5. 車が左車線を走る

これもびっくりしました!「海外と言えば一部を除いて車は右側を走る」と思い込んでいたので、衝撃を受けました。アイルランドがその一部だったとは・・。そのせいか、日本車もよく見かけます。
 

6. シャイ(人見知り)っぽいアイリッシュが多い

これも意外だったこと。お酒飲みで、パーティ好きでいつもアイリッシュダンスを踊っているようなイメージを持っていたのですが、人見知りで、場の空気を読もうとする気遣いなアイリッシュも多いんです。
 

7. おいしいコーヒーが飲める

個人的に驚きでした。パリ、ローマ、ノルウェーのオスロなどは良質なカフェがあり、美味しいコーヒーやエスプレッソが飲めると評判ですが、ここアイルランド(ダブリン)のコーヒーもおいしい!アメリカ西海岸のコーヒーカルチャーが熱いと言われている昨今、アメリカ文化へも寛容なアイルランドでは、伝統のヨーロッパのカフェ文化と融合させた、この国ならではのコーヒー文化の発展を遂げています。
 

8. ヨーロッパなのにスタバが多い

一方でスターバックスといったチェーンコーヒー店も多いということもおもしろいところ。ヨーロッパではスタバが少ないと聞いたことがありましたが、ダブリンではかなり見かけます。マクドナルドよりも多いのでは。
 

9. ナイトクラブが朝3時に閉まる

朝まで楽しみたいパーティ好きのブラジル人やスペイン人はこれにご立腹。ナイトクラブもそうですが、24時間やってるお店は日本に比べると圧倒的に少ないです。
 

10. 街がカラフル

ヨーロッパなので、石畳、ゴツゴツした「灰色の」建物も多いのですが、黄色や緑、赤や青といったいろんな色の建物(とくに扉がカラフル!)があったのも意外でした。それ故、街歩きが楽しめます。※時に残念な色使いの建物もみかけますが、それも含めて楽しめます。
 

他にも色々とあると思いますので、ご意見お待ちしています!
 

 
Photo: Bill Barber, Flickr

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA