写真で振り返る本場ダブリンのセント・パトリックス・デイ

どうも、Shimpei(shimpei_33)です。

いやー、みなさん行きましたか?セント・パトリックス・デイ。

アイルランドで最も大きな祭典のひとつだそうですが、やっぱりすごかったです。規模もそうですが、活気と人の多さがものすごかったです。さすが、本場のセント・パトリックスデイといったところ。

人が多すぎてパブにいってもスペースがなく、完全なパブ難民となってしまいました。

というわけで、本日はダブリン全体が緑に染まったセント・パトリックス・デイを写真にて振り返ります!あの活気が少しでも伝われば嬉しいです。


St Patrick’s Dayって?

その前に、そもそもセント・パトリックス・デイっていったい何なのか。

アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。(引用元:Wikipedia)

だそうです。実は誕生日ではなく、命日なんですね。なので、厳かに執り行われるかと思いきや、ここは酔っぱらいと音楽とパーティーの国アイルランドです。パレードや出店が並ぶ中、皆さんやっぱり酔いどれていましたよ。
しかもこのお祭りがこんなにも大きくフェスティバル化したのは、アイルランド移民の多いアメリカが先駆けだそうです。中でも有名なのはNYとシカゴのセント・パトリックス・デイ。川も緑に染めます。アメリカっぽい。笑

ダブリン、St Patrick’s Dayの人々

じゃあ、ダブリンはどんな感じなの?というわけでダブリンのセント・パトリックス・デイを写真で振り返ります。

アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
緑の帽子がたくさん…!
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
パレード見たさに記念碑へ登る人々
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
緑のスーツ集団

パレード写真集

アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
ピンクの妖精(?)
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
わかりにくいですが、帽子を模したトランポリン

アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ
アイルランド, ダブリン, セント・パトリックス・デイ

なぞのロックバンド!

IMG_0506
最後尾はガーダ(警察)が治安維持

St Patrick’s Dayの正直な感想

さて、私にとって今回が初めてのセント・パトリックス・デイだったわけですが、正直人が多すぎてちゃんとパレードが見れなかったですね。笑 パレードがどうしても見たいガチ勢は早めの陣取りがおすすめです。

伝統的な要素はあまりなく完全にフェスティバルでしたが、冒頭でもお伝えしたように、ものすごい活気です。お祭好きな方はきっと楽しめるはずです。ぜひぜひ参加してみてください!


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください