勢いで退職した僕が、辞める前に「やっておけば良かった」と後悔した3つのこと

アイルランド, 退職, ブログ

どうも!

 

今回は、仕事を辞める前に「やっておけば…」と後悔した3つのことをご紹介します。

 

 

1.生活資金を貯めておく

これに尽きます。仕事を辞めた後、国民年金だの国民健康保険だの、何だかんだで予想していた3倍くらいのお金が必要となりました。
貯金ゼロでお仕事を辞めるなんて、転職先が決まっていない場合は自殺行為です。自分の場合、転職先も決まっておらず(進路すらぼんやりした状態でした)本当に苦労しました。やむを得ず京都の実家にてお世話になり、本当に1日100円生活を心がけていたぐらいです。

 

2.「やりたいこと」に挑戦してみる

「仕事を辞める」までは、忙しいから時間がない、引き継ぎがある…と言い訳をし、辞めるまで「やりたいこと」にまったく挑戦していませんでした。無理やりにでも挑戦しておくべきだった!と激しく後悔しました。仕事を1日や2日仮病して休んででも、退職後にやろうとしてることにチャレンジしてみるべきだと私は思います。辞めてからいざ何かを始めたときに「これ全然向いてない」「思ったのと違う」と辞めてから気づくと、結構焦ります。「ちょっとこれ気になるレベル」のことでも辞める前に試してみる、ということを強くオススメします。

関連図書を読みこむ、セミナーに参加する、詳しい人に会いに行く、といったことでもなんでも、とにかくやってみる!ことが大事。

 

3.仕事にラストスパートをかける

辞める1ヶ月前くらいから、「どうせ辞めるから少しくらい手を抜いても…」というダメダメな考えが頭をよぎります。
しかしその職場を辞めてしまったら、もう二度と戻ってこないはずです。せっかくだから最後の最後、どかんと一発花を咲かせましょう。「どうせ辞める」という理由でモチベーションを失うのではなく、最後だからこそ「社内でもやりたいことやってみよう、言いたいことを言ってやろう」という精神ですね。次に向かう原動力にもなるでしょう。

 

結局一番何に後悔したの?

3点挙げましたが、正直一番後悔したのは「もっとお金…」です。

何をするにせよ軍資金は超重要です。退職後も失業保険やら国民年金等の免除申請といったセフティネットもありますが、しっかりと貯めておくことをオススメします。そうなるとボーナス時期などのタイミングを考えて計画的に退職することも大事ですね。

これから、仕事を辞める、もしくは辞めようかなーと考えている人に参考になれば!

 

Photo: Keith Trice, Flickr

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA